グルメ

宮崎のリゾート地・青島へは公共交通機関でも便利に行ける

特に予定を入れてなかった宮崎旅2日目。
レンタカーも借りてなかったので、公共交通機関で行ける観光地へ、と言うことで、そして夏まっただ中でもあったし、宮崎市内から気軽に行ける青島へ。

意外と交通の便がいい青島

宮崎駅から青島へは、JR日南線かバスで行ける。
JRは1~2時間に1本しかないけど、青島までおよそ30分。
バスは市中心部や宮崎空港を経由し、青島へ。半数ほどは青島までだが、その先飫肥まで行くバスもある。
青島まで50分ほど。本数はバスの方が多い。

ヨーグルッペを飲んでプチバス旅

宮崎にはご当地ドリンクが数多くある。
有名なのが、全国展開もしている「愛のスコール」だが、これと同様に乳性炭酸飲料である「ヨーグルッペ」、これは宮崎に来たらぜひ一度は飲んでいただきたい。
愛のスコールよりも炭酸はやや弱くて飲みやすい。

これをバスの中で飲みながら、車窓を眺めていると、宮崎空港に着く。
ここまではさほど乗客がいなかった(空港リムジンバスというわけではない)けど、空港からけっこう乗車してきて、8割ほどの座席が埋まっただろうか。
そのほとんどが青島までで降りていった。

ちなみにJR青島駅は海とは反対側に少し入っていく(徒歩6~7分)ので、青島のビーチや青島神社に行くにはバスか車の方が便利だと思う。

バスを降りたぼくは、ビーチに向かった。