日記

都会の経済発展のためのハコモノより災害復旧が優先されるべきではないか

時間が経つにつれ、亡くなった方の数が増えていく。
平成最悪の豪雨災害になってしまった。
各地で土砂災害が起き、交通手段が遮断される事態になっている。
復旧作業もなかなか進まない。

毎年、どこかで災害が発生しているように思える。
今回の災害と比べたら全然規模は小さいかもしれないが、川越も去年、台風の洪水被害があった。

批判覚悟で言うと・・・
今更かもしれないけど、オリンピックどころじゃないんじゃないか?と思う。
やることには反対したくはない。
川越でもオリンピック競技が開催される。
こんなチャンスはなかなかないから、もちろん観てみたい気持ちもある。

でも。

毎年のように起きる災害。
被災地を復旧させずそのまま放っておくのか?
大都会東京のオリンピックのため、インバウンドのため、ますますの人口増のため、首都の威厳のため、発展するため、何よりも優先させるのか?都会の経済発展のためのハコモノより、復旧や復興がなによりも優先されるべきではないか?

今更工事を中止しても、違約金とかかかるだろう。
でも、人も物資も、被災地に向けられないだろうか。
オリンピックに向けて頑張っている選手もいるだろう。
無理でも、無理だとわかっていても、今、日本でオリンピックじゃないんじゃないか?って、そういう気持ちになるのだ。

社会保障だってままならないのに、災害復旧にも回さずに莫大な防衛費、思いやり予算につぎ込む余裕がどこにあるんだ?

政財界よ、もう一度考えるべきではないのか。
自分たちのエゴのために金を使う時代は、とっくに終わっているはずだ。

もちろん我々も庶民も、本気で考えないと・・・