仕事

通勤路線の運休や遅延が発生している時に無理させないのが正しい会社です。

働き方をデュアルライフスタイルに変える専門家、Es Project代表のEGUYANです。

今朝(2月25日月曜日)、中央線快速電車と中央総武各駅停車が、停電の影響で一部区間が運転見合わせになりました。
運転再開した区間でも、大幅な遅延と運休が発生しています。
さらに、平行する京王線、都営新宿線、東京メトロ丸ノ内線、西武新宿線など、他の路線でも、通勤客が振り替えで乗ってきている影響で遅延が発生しているような状況です。

そんな状況であれば、無理せず、状況を見て出社させるのが、正しい会社、正しい人事、正しい上長だと思います。
また、こういう状況にいつなってもいいように、テレワークや在宅勤務を推進している会社は、これからの時代にふさわしい会社だと思うし、こういう意識の高い会社が、残っていくんだと思います。
テレワークや在宅勤務の導入検討すらしない会社や、こんな出社が困難な状況であっても、はってでも出社してこいと言う会社こそ、ブラックですよ!

今からでも遅くはありません。
従業員のために、多様な働き方ができるよう、経営者の皆さん、人事の皆さん、一緒に考えていきましょう。