グルメ

安田屋~元祖店でいただくわらじかつ丼は絶品過ぎて、秩父に行ったら外せないグルメだ【2017年1月秩父ツアー④】

秩父ツアーもここまで三峰神社→三十鎚の氷柱ときて、時は12時ごろ。いいあんばいで進行している。
ひるめしは念願のわらじかつ丼を喰いに、小鹿野町にある「安田屋」へ車を走らせた。

秩父ツアーの1つ前の記事はこちら。

念願、ていうのは、昨年5月にも芝桜を観に秩父に行ったのだが(ぼくはここ10年ほど毎年訪れている)、そのとき秩父市内にある安田屋の支店にひるすぎに行ったら、大行列ができていた。
店の規模から、おそらく少なくとも2時間は待つであろう長さだった。
秩父の道の駅にも渋滞で入れなかったので、皆野の道の駅まで行ったほど。
やはり芝桜シーズン(と秩父夜祭りだろうな)に行くもんではない。

氷柱から車で30分ほど。安田屋に着くと、1組が外で待っていたが、すぐに店に入れた。
やはりオフシーズン、しかも時間を外していったのが功を奏した。

メニューはわらじかつ丼のみ。
レギュラーサイズがわらじかつが2枚盛り。
1枚盛り、3枚盛りもできる。
3枚盛りだけグンと値が上がるけど、おそらくごはんも多いのか、カツがのっからず別添えとか・・・?
三峰でも軽く喰ったけど空腹になった。とはいえ3枚盛りまではチャレンジできず。
レギュラーサイズにしておいた。

注文すると、まずは温かい味噌汁が供される。
ものすごく寒かったので、すごくあたたまる!

そして、満を持して登場した、わらじかつ丼!!

カツは甘辛めのソースに漬けられた、厚みのある揚げたてのカツ。
こってりかと思えば、全然あっさりしていて、もたれない。
素晴らしいこの加減。

最高にまいう~!!
絶品過ぎる!!
これだけのために秩父に来ても損はないと思います!!

三峰の茶屋といい、この安田屋さんといい、秩父のグルメはやばいです!

安田屋