グルメ

さぼうる2~フードメニューが充実の昭和の名喫茶でナポリタンを堪能!

土曜の晴れたあさ。
近くにある、川越駅のスタバでこのブログを書いているのだが、駅前のスタバは混んでて落ち着かない。
これが午後にもなると、観光客や部活や塾帰りと思われる学生が押し寄せ、座席の確保が困難になるほど。
ここ数年で川越駅周辺もチェーン店ではあるもののカフェが増えた。
それでも土日はどこも混んでいる。
35万都市でしかも観光地である川越の、しかも駅周辺では、土日に落ち着いてカフェで・・・なんてこと自体無理かも知れないけど、もうあと1,2店舗くらいあってもいいかもしれない。


先日、神保町での会合を終えてゆうめしを喰って帰ることにして・・・
カレーの街ではあるが、神保町は有名喫茶店「さぼうる」がある。

禁煙店舗ではないので、時折飛んでくるたばこの煙が時折きついことがあるが、このときは誰もすってる人がいなくて、快適だった。
昭和からの昔懐かしい喫茶店。
とくに「さぼうる2」はフードメニューが豊富で、中でも量が多いことでも有名。
(並びには「さぼうる」もある)

このときは寒かったのでホットのカフェオレと、そしてここに来ると必ずと言っていいほど注文するナポリタンを注文。
全国ナポリタン選手権をやったら、おそらくベスト3に入るであろう、味とボリューム。
心ゆくまでナポリタンを堪能できる。
このボリュームでふつう盛り。
その上に大盛りまであるって言うんだからすごいもんだ。
コックさんの、ナポリタンを仕上げるフライパンを持つ手首が心配になるほど。
店内もテーブルもそんな大きいわけではないから、いまのぼくのようにパソをテーブルに置いて作業、っていうのがしにくいかも知れないけど、読書するには最高だな。

地元川越にも、こういうお店があってほしいもんだ。