グルメ

2017GW北海道ツアー③ザ・北海道サイズなソフトクリーム。小樽の学生の青春の1ページになる…かもよ

ニセコ高橋牧場で最高のランチを堪能した後は、ニセコパノラマラインを走行し、岩内町を経由し、共和町で国道5号線に入って小樽市へ。

北海道ツアーの1つ前の記事はこちら。

雪がまだ残るニセコパノラマライン。ぼくらが走行した2日前(4月26日)に冬季閉鎖が解除されたらしい。

いつもなら、北海道の名だたるスイーツの店舗が並ぶ「スイーツ天国」(自称)を歩いて試食するのだが、今回は時間の都合で省き、「小樽ミルクプラント」に行ってきた。
お店の建物自体が小樽市の歴史的建造物に指定されている。

ここは2回目の訪問。ジャンボサイズよりもデカい「NYジャンボ」サイズがある。
歳のせいか、はたまた外気が結構ひんやりしてきたからか、食したのはジャンボサイズの「夕張メロン」味のソフトクリームをセレクト。

それでもデカい。かなりデカい。
景色もザ・北海道なら、スイーツのボリュームもザ・北海道だ。
(他の北海道のスイーツ店にも、1人で食すには難しいような大きさのスイーツが多い)

それでもペロリといってしまうんだよな。
ミルクメロンって言うフレーバーもあるからか、思ってたよりもさっぱりしている。
さっぱり目を好むぼくとしてはこれでも充分満足でまいう~なのだが、ヨーグルトのフレーバーだったら最高だったかも知れない。

このあたりは市街地から少し離れた、住宅街。坂の途中にある。
放課後の高校生が何人かお店周辺を歩いたり、あるいはお店の中にいたが、ここが思い出のお店、青春の1ページにでもなるんだろうね。うらやましい。
そしてこれからの時期、北海道も暑くなるから、涼を求めてまちなかから散歩がてら訪れるのもいいかもしれない。

小樽ミルクプラント