旅行

ダイワロイネットホテル大阪北浜~朝食バイキングのパンは人気パン店直送!【2017夏休み】

8月、今年も夏の甲子園観戦に行ってきた。

宿泊は大阪市内・北浜のダイワロイネットホテル大阪北浜
今年は神戸に住む幼なじみと会う予定もあり、3泊予約した。

では、ご紹介。

新大阪からだとやや不便かも

その日は夏休みだったのだが、休日労働をしてから出発したので、新大阪に着いたのが22時過ぎだった。

御堂筋線に乗り換え、ホテルの最寄り駅の一つ、淀屋橋駅へ。

淀屋橋駅を出て、御堂筋を渡って東西に延びる細い筋をまっすぐ、7~8分歩く。

途中、三井ガーデンホテルの1階にセブンイレブンがあるので、買い出しに便利。

セブンイレブンからは3~4分で堺筋に出る。そのすぐ右側に、今回の宿、「ダイワロイネットホテル大阪北浜」がある。

ホテルは地下鉄堺筋線の駅上

1階にはレストランが入り、ここで朝食バイキングを食べる。
フロントは2階にある。

ダイワロイネットホテル共通のタイプのシングルルーム。
かつてはポイントカードが共通だったリッチモンドホテルもそうだが、便利な仕様があたりまえにある、それが全国どのダイワロイネットホテルにはあるので、慣れていると本当に楽だ。

朝食バイキングのパンは必食

このホテルの特筆点として、大阪市福島区にある「原パン工房」のパンが朝食バイキングで供されること。
「原パン工房」は大阪では人気のパン屋(卸専門?)さんらしい。
お店の詳細は食べログ等で確認願いたいが、一般の方でも買えないこともなさそう。

パン以外の料理もおいしかった。
ただ、連泊(ぼくは3連泊)の人間からしたら、やや飽きるかもね。

周辺やアクセス

先ほど書いたように、新大阪や大阪梅田からだと御堂筋線淀屋橋駅から徒歩8分ほどなので、荷物が重いときや悪天候の時は不便に感じると思う。
最寄りの北浜駅(といっても京阪の北浜駅は堺筋線の駅とは反対の南側にあるので少し歩く)からは堺筋線経由で京都に行けたり、堺筋線を南下して日本橋から奈良や甲子園、神戸にも行ける。

また、夕食スポットはあまりない。
っていうか、行った日がお盆まっただ中だったせいか、お店がけっこう休みだったりして、かつひとりで気軽には入れる食事処がそもそも少ない地域(金融機関が多いイメージ)。
ひとりでも全然気にならない人や複数で過ごす人は、飲み屋さんは多いので、ぜひ足を運んでみては?