IT

@niftyの常時安全セキュリティがMacOS Mojaveに対応。やっとメインマシンがMacとして使える日が来た!

昨年末、メインマシンとしてLet’s noteからMacBook Airに買い換えた。

BootcampでWindows10も入れた。ここまでは予定通り。
しかし、これまで利用していた@niftyのセキュリティサービス「常時安全セキュリティ」がMacの最新OS(Mojave)では対応していないことがわかり、リスク対策のためWindowsにだけインストールして、Macでは外との接続を避けたためほとんど使わず、Windowsマシンとしてのみ使用してきた。

1月にリリース予定ということで、ほかのウィルスセキュリティに変えることなく待っていたら、ようやく昨日、リリースしたのだ。

早速Macにインストール。

ChromeやEvernoteなども入れてカスタマイズさせて、ようやく本格的にMacとしても利用するに至った。

MicrosoftのOfficeは、Mac版もあるが、Macで作成したデータをWindowsで閲覧しようとすると、いろいろ不具合が生じる。
自分だけの資料であればそのままでいい(状況に応じてPDF化してしまえばいい)が、他人に見せたりプレゼンに使うのであれば、そうもいかない。
そういうときのために、Windowsやofficeを利用していきたい。

Macはブログ作成や記事作成などの仕事やweb閲覧など、公私混同のマシンに使い倒していこうと思っている。

ただ、このMacBook Air。
移動しながら使うのにはやや難しい。
以前のMacBookAirよりも物理的に重く感じる。

頑張って働いて、持ち運び用に少し小さいMacBookか、Surfaceでも買いたい気もする。