IT

「あとで読む」はブックマークよりPocketが便利。タグ付け機能を活用しよう!

最近、「Pocket」というサービスをフル活用するようになりました。
あとで読むサイトを忘れないようにするためには、これはとても便利なのでおすすめです。

[s_ad]

Pocketとは

Pocketとは、旧称を「Read It Later」といい、Mozilla(ブラウザのFirefoxを開発している)が運営している、インターネット記事のリーディングリストを管理するためのアプリ及びWebサービスです。
Webだけでなく、Android、iOS、macOS、Windowsなど多種OSで使用することができます。

iPhoneではAppStoreからアプリをダウンロードできますし、パソコンからはPocketのWebサイトから登録することができます。

chromeはブックマークだらけに

実はぼくは、Pocketはけっこう前に登録していたのですが、全然活用してなかったのです。
それは、ブックマークしておけばいいや、とか、見たい記事はEvernoteで保存しておけばいいや、って言う考えだったからです。
確かにそれもいいのですが、結果、ブックマークの量がものすごいことになってしまい、ある程度ジャンルごとにフォルダに入れたり、
頻繁に使うサイトはツールバーのトップに置いたりしてますが、
ほとんどのサイトは、見たいときにどれがどれだかわからなくなってしまうことも。
また、ぼくは仕事柄、たくさんのサイトを見ます。
起業のことや働き方改革のこと、地域のこと等など。
それらのサイトをEvernoteに保存することで、後々の参考資料にしたりしています。
しかし、その保存したページも大量になってしまいました。

タグ付けが便利!

ブックマークは、フォルダでジャンルわけしておかないと、検索機能がないので、見たいときに、そのブックマークがどこにいってしまったかわからなくなることがあります。
Evernoteは検索機能があるので、整理していなくてもキーワードを入れて検索すれば出てきますが、それでも保存の際にウェブページ1ページをそのまま保存すると、形がほぼ崩れます。
(なので最近は記事だけ保存するようにしています)

Pocketは、タグ付けすることが出来ます。
たとえば「あとで読む」などタグ付けをすることで、あとで見ようと思っていたサイトに素早くアクセス出来ます。

また、ぼくはWebはchromeを使用しているのですが、拡張機能に追加することにより、ワンクリックするだけでそのウェブサービスを登録することが出来ます(「Save to Pocket」という名前)。

タグ付けは、サイトを登録するのと同時にできますが、付け忘れたときなどは、あとで付け加えたり消したりすることが出来ます。

電波を止めた状態でもアプリで読める

iPhoneのアプリでは、予め同期しておくことで、たとえば飛行機の中でWi-Fiの電波が不安定だったり、そもそもWi-Fiすら使えない飛行機に搭乗した場合など、搭乗中でもPocketに登録しておいた記事を読むことができます(ただし、記事だけなど、簡易的な表示になりますが)。

時限掲載のサイトには不向き

Pocketは、サイトのURLをそのまま登録しますが、たとえばYahoo!などのニュースサイトなどは、一定の時間が経過すると、その記事が削除されることがあります。
そのようなサイトは、Evernoteでサイト、あるいは記事の保存をしています。

Evernoteと併用することで、Pocketの機能を最大限活用してみてはいかがでしょうか。

【編集後記】
先日ポチっとした、サクラスイーツさんの「緊急応援スイーツボックス」。
注文から2日後に届きました。

これが思ってた以上の大量のお菓子が届きまして。
本当にいいんでしょうか?っていうような量です。
当分の間は、お仕事のお供に困らないでしょう。

サブレ好き、甘い物好きにはたまらない、上品な味で最高のお菓子です。
「緊急応援スイーツボックス」は販売を終了したようですが、どのお菓子も絶品なので、
外出自粛が続く中、ぜひご自宅で家族みんなで召し上がってみてはいかがでしょう。