旅行

2020年小江戸初詣のご参考に

川越市内はお正月3が日、今年は特に4,5日が土日なので、初詣での来川されるお客さんも分散されるような気がしますが。
川越市内には、喜多院や成田山川越別院、川越氷川神社など、多くの初詣スポットがあります。
また、七福神が祀られている寺院を巡る川越七福神めぐりもあり、そこそこ長い距離を歩くのでいい運動になっておすすめです。
ぼくも毎年巡っています。
ちなみに首都圏の天気も、少なくとも5日までは晴れ予報です。

おととし1月2日にもブログで川越の初詣事情を書いているので、そちらもどうぞ。

基本的なことは今年も変わっていません。

出来ることなら車は避けたほうがいい

しかし、喜多院の初大師である3日は毎年大勢の参拝客でごった返します。
喜多院周辺が交通規制され、喜多院の明星駐車場は閉鎖されます。
そのため渋滞も激しく、国道16号、254号線にまで延びます。
駐車場は下記サイトで確認してください。

ちなみに、3日以外は交通規制はありません(明星駐車場も営業されます)が、その明星駐車場に入るための車の列が国道254号線、16号線にまで延びることもあります。
↓こちらもご確認ください

駐車場も民間運営の臨時駐車場は1日2,000円徴収するなど、かなり高額な料金を取られますし、常設のコインパーキングも最大料金が解除されているところもあるので注意してください。
なので、出来ることなら車での参拝や観光は避けたほうがいいと思います。
ただ、どうしても交通安全の祈願で車で行きたいと言うことであれば別ですよ。

3が日特別ダイヤ

川越駅東口から、喜多院初大師に便利な直通バスが出ます。

川越駅東口、本川越駅から川越氷川神社までの、1月3日までのダイヤはこちら。

小江戸巡回バス(イーグルバス)3が日特別ダイヤ

通常の路線バスもどうぞ

その他、通常の路線バスや小江戸名所めぐりバス(東武バス)があります。
正月ダイヤで本数が限定されているなどがあるかも知れないので、各社に問い合わせてみてください。
なお、喜多院には小江戸巡回バス、小江戸名所めぐりバスはすぐ近くにバス停がありますが、一般の路線バスはありません。
(厳密にはあるんだけど、南古谷から休日の早朝に1本だけある、路線維持のためのバスのみ)
最寄りのバス停は、東武バス(蔵のまち経由ではない系統)の下松江町バス停です。

ご参考になれば幸いです。
お気を付けて来川してください!