仕事

スニーカー・デー大歓迎!どうせならスーツもやめて身なり働き方改革だ!

eguyan

通勤時及び労働時のスーツ廃止論者のEGUYANです。

スポーツ庁が、新たなプロジェクトとして「スニーカー・デー」と
いうものを始めるそうだ。
歩くということを主眼において、スニーカーを履いて通勤すること
を推奨するということのようだ。

スポンサーリンク

「言語道断」と言ってるおっさんは時代錯誤甚だしい

個人的には大歓迎!

ただ、世間では賛否両論のようで、フジテレビのニュースでインタ
ビューを受けた50代営業職の男性は

「100%ありえないです。これは、われわれ営業のよろいと一緒
です。革靴、スーツ、ネクタイ。それをスニーカーにしようなんて
、言語道断」

と話していた。
もうこのおじさんは、完全にそういうもんだと若いころから頭に刷
り込まれちゃったんでしょうね。
そして新しいものを取り入れようとしない。
いまだにスーツがなくならない昭和の悪しき習慣のひとつです。時代錯誤甚だしい。
こういうおじさんたちがいまだにうじゃうじゃいるから、働き方改
革とか、何やっても浸透しない、普及しないんでしょうね。

プレ金を考えた人って…

おそらく、たとえば政府と経団連主導の「プレミアムフライデー」
なんかも、昭和バブリー世代の頭が固そうなおっさんたちが頑張っ
て考えた結果なんだろうけど、
結局は普及しないまま。
新しいことを取り入れるときは、もう昭和バブリー世代のおじさん
たちは黙って従うだけにしてほしいですね。

スーツもやめよう。

この人たちがはびこっているだけでも、猛暑日でもスーツをやめら
れない人(会社)がいなくならない。
地球規模で温暖化が進んでいるけど、個人的にはこの国の異常な高
温化の理由の一つが、スーツがなくならないことだと思っているほ
ど。
スーツも革靴も、高温多湿の日本には合わないのだ。

プレ金やめて、脱スーツを推進すべし。
新しい働き方の時代には、自由な服装で働くべし。
企業も、おっさんも、そして政府も、変わるべし。

ABOUT ME
EGUYAN
EGUYAN
スポンサーリンク
記事URLをコピーしました