日記

封書で送るのが久しぶりすぎて家にあった切手が今の料金に合わなかった

郵便物を送ることって、最近は業務上必要な書類を送ることくらいになってしまいました。
(しかもレターパックで)

↑家にあった切手と、今回買った切手

はがきや封書で送ることがなくなった

少なくとも私用で郵便物を送ることがほとんどなくなってしまいました。
かつては懸賞とかもはがきで送っていましたが、今ではそういうものもネットになってしまった。
封書でも、転職の応募書類はほぼネット。
(ハローワーク経由で応募するときくらい)
はがきは年賀状くらいになったし、封書は転職活動もしていないので、それ以外の私用で送るようなことが年に1回あるかないかになってしまいました。

レターパックに慣れていた

はがきも封書も送らなくなった代わりに、レターパック、レターパックライトで送ることがかなり増えました。

業務上、個人情報が入る書類を扱うので、普通郵便の料金で送ることに気が引けます。
なのでそういう書類を送るのにレターパックは便利なのです。
専用の封筒がコンビニでも扱ってますし、ポストに投函できます。
またレターパックは追跡が出来るので、送付先に配達されたかどうかがネットでわかります。
簡易書留で送れば紛失や毀損があったときの補償はされますしなおよいのですが、送るときに郵便局の窓口に行かなければならない。
そこまでする必要がない書類についてはレターパックで充分です。
ぼくはレターパックライトとレターパックの封筒をそれぞれ数枚用意してあり、送るときに対応しています。

いざ封書で送ろうとすると・・・

しかし、最近久しぶりに封書で送る書類がありました。
A4サイズの封筒で、オプションを付けない普通郵便の料金だと120円です。
入れる書類の関係でちょっと重たかったので140円かかりました。
しかし、いざ送ろうとすると、家にある切手がかつての封書送料対応のものしかなかったのです。

年賀はがきで当たったり記念切手のような80円切手が大量にあったり、消費税導入の頃のやつなのか忘れましたが、41円や62円切手があったり。
41円、62円切手は今では売ってませんし、それ1枚では郵便が送れません。
今回、ぼくは140円分の切手がほしかったのですが、家にある切手を組み合わせてもちょうどになりません。
80円切手を2枚組み合わせると20円分オーバーしてしまいます(なんかシャクでしょ?w)。

なので、今回郵便局で20円切手と2円切手を20枚ずつ買ってきました。
今後、レターパックで送る必要がない書類が増えてくることも予定されているからです。
組み合わせることによって定型郵便物も定形外郵便物を送る際も、いま自宅にある切手を活用出来ます。
本当は4円切手があればよかったのですが、ないので2円で対応。

そういえば郵便窓口がキャッシュレス対応していました!

【編集後記】
昨日は夕方郵便局へ。
近所の郵便局は平日19時までやっているので便利です。
ゆうゆう窓口は普通の郵便窓口が閉まった後でもやっていたのですが、コロナのせいで早朝以外やらなくなってしまいました。

【1日一新】
2円切手を買った