グルメ

ホテルライジングサン宮古島~宮古島中心部のおすすめビジネスホテル【宮古島の旅&カフェ】

宮古島3日目。

この日と翌日(最終日)は、宮古島内をくまなくドライブすることに。
1日半で充分回れるけど、言うても宮古島はまあまあ広い。

来間島のカフェ「ヤッカヤッカ」へ

ランチはカフェでいただこうと、来間島へ。
カフェめぐりが趣味のぼくは、沖縄に行ったら「食堂」と「カフェ」は行かずにいられない。

島への唯一の橋である来間大橋と来間島(前浜ビーチから撮影)

来間島は小さな島でありながら、カフェが多いようだ。
むしろ、カフェ以外見て回るスポットがあるって言うわけでもなさそうだ。
ネットやレンタカー屋さんでもらったガイドブックのなかから、「島茶家ヤッカヤッカ」に行ってみることにした。

お目当ての宮古牛のコク旨カレー

ぼくが注文後、残り1食になった。
名前のごとくコクがしっかりあるけど、まろやか。
宮古牛の肉も形がしっかりしていて、柔らかい。
島野菜の揚げ物も添えられている。
量的に男子には少し足りない感じもあるだろうけど、すでに数時間前に昼食を食べている身としてはちょうどいいくらい。

すっごくまいう~!!

暑い日にはアイスコーヒーも最高!

夏に行くと南国感抜群なんだろうなぁ。
いつか、ぜひ夏に行ってみたい。
数あるカフェの中から、ヤッカヤッカはアタリな選択だった。

このヤッカヤッカ、宿泊も出来たり(民宿)、デザインもやっているそうだ。

関連ランキング:カフェ | 宮古島市

宮古島の中心部にあるホテルライジングサン宮古島

この旅行最後のに宿泊した、「ホテル ライジングサン宮古島 <宮古島>」をご紹介。

ホテルは宮古島市(旧平良市)中心部、国道390号線沿いにある。

宮古空港からも至近距離にあり、ホテル前の国道を挟んだ向かい側には、イオンタウン宮古南ショッピングセンターがあり、買い物には困らない。
飲食店も、イオン周辺にいくつかある。
特筆すべき(?)点として、日本最南端(2018年11月現在)の吉野家もある。
なお、ホテルのレストランは夕食の営業がないので、イオンタウンや周辺の飲食店が重宝される。

リゾートホテルの雰囲気があるビジネスホテル

ホテルに入ると、日光もたっぷり入ってとても明るい雰囲気だ。
ビジネスホテルでありながらも、リゾートホテルの雰囲気も醸し出している。

今回はシングルルームに宿泊した。

デスク。
パソコンを広げて仕事するには、できなくはないけどやや狭め。

ベッドとベッドサイド。

水回りはとてもきれい。

自販機とランドリー。

朝食バイキング
もちろん沖縄料理もある。
味もサービスもかなりよい。

リーズナブルな料金で、快適に過ごすことが出来た。