リモートワーク情報

白馬でテレワーク。最高すぎる北アルプスの絶景を眺めながら①~白馬への行き方

コロナ前から、働き方改革を!と叫ばれてはいましたが、残業削減などは進みつつも、働く「場所」について考えることは少なかったと思います。

しかし、コロナが感染拡大し、リモートワークを導入する会社も増え、家や会社とは違う、第3の場所はどこにしよう、っていう話も出ています。
普段は家から近くにあるコワーキングスペースで仕事をする人も増えてきました。
でもせっかくパソコン1台で仕事が出来る時台になったのです。
家、会社、いつものコワーキングスペースとは違う、大自然に近い場所で仕事をするのもいいのではないでしょうか。

今回、緊急事態宣言も解除され、出張兼ねて出かけようと、ワーケーションスポットの取材に白馬に行ってきました。
旅行がてらワーケーションするのもよし、首都圏からだと日帰りできる範囲でもあるので、ちょっと気分転換に白馬に行って仕事するのもよし。
自分のスタイルで白馬を楽しみながら仕事してみませんか?

白馬ってどこ?

白馬(長野県白馬村)は、長野県の北西部。

大きな長野県の県域にあって、日本海から車で1時間程度のところにあります。

首都圏から白馬に行く場合は、


①関越道~上信越道長野インター下車
②中央道安曇野インター下車
どちらからでも4時間程度。

公共交通機関
①北陸新幹線で長野駅下車、白馬方面行き特急バスに乗車(東京から3時間30分)。
②新宿駅から南小谷まで直通(1往復のみ)する「特急あずさ」で。3時間40分。
③バスタ新宿から夜行バス

白馬村内の移動は、バスだけでも行けなくはないのですが、本数がとても少ないので、行程に余裕があれば、というところ。
グリーンシーズンであれば、村内各所でレンタサイクルがあります。
レンタカーは大手のレンタカー会社ではない店舗が複数あります。

いざ、白馬へ。ですが、長野駅でのバス待ちに注意


私は埼玉在住なので、大宮駅から新幹線で向かいます。
10月14日(木)、大宮駅朝6時41発のかがやき号で長野駅へ。乗車時間56分、朝食を食べたりちょっとうとうとしてたらあっという間です。

速達タイプの「かがやき」号なので、大宮から途中停車することなく、長野駅に到着。

白馬方面への特急バスは、長野駅東口から出ています。
(善光寺や長野電鉄の乗り場とは反対方向)

バスは乗車前に料金を支払います。
もしくは、東口駅舎1階のお土産店で乗車券を売っているので、購入する時間があればそうしたほうがいいでしょう。
改札からはやや離れている(駅舎沿いですが)ので、新幹線からの乗り換えには少し時間の余裕があるといいかも。

ちなみに、バスとの接続が45分もあったので、座って待てる場所を探したのですが、待合室もカフェも近隣にありません。
バス停前に、石のオブジェみたいな腰掛けしかないので、そこで座って待っていました。

長野駅で時間があるようなら、駅ナカにあるベックスコーヒーか、反対側(善光寺口)にあるスターバックス等に行くことをおすすめします。
(午前10時以降は駅ビル「MIDORI」も開くので、そこのカフェやレストランも)
早朝の長野駅東口は何もありません。。。
また、バスは先着順なので、もし万が一定員オーバーになってしまったら乗れない可能性も0ではなく。(続行便が出ることを期待したいところ)

白馬岩岳の頂上へ、ゴンドラで


8:20発のバスで白馬に向かいます。
平日にもかかわらず9割ほどの乗車率だろうか。
ほとんどが高齢のハイカー。仕事目的なのはぼくの他、スーツ姿の男性1名だけ。

白馬自体は大学のゼミ合宿で来て以来、20数年ぶり。
あのときは「みそらの」地区のペンションだったので、岩岳やこのあと行く八方などは初めてです。
白馬駅前など、前回来た当時の繁栄ぶりは記憶しているのですが、どのリゾート地や地方都市にありがちなさびれた風景になっていて、ちょっと寂しいですね。

白馬駅の停留所を過ぎて八方を経由して、「白馬岩岳マウンテンリゾート」で下車。
そこからゴンドラに乗って山頂を目指します。

続く