ガジェット

Anker NanoⅡ 45W レビュー 日帰りの外出ならこれ1台でOK

eguyan

パソコンやスマホを購入すると、大体ついてくる、メーカー純正の充電器。

丸1日の外出なら、Anker NanoⅡ 45Wがあれば安心です。

スポンサーリンク

Anker NanoⅡ 45Wの特徴

Anker NanoⅡ 45Wは、USB-C1口のみで、とても小さいのが特徴です。

サイズ約35 ☓ 38 ☓ 41mm
重さ約68g
入力100-240V~ 1.87A 50-60Hz
出力5.0V=3.0A /9.0V=3.0A / 15.0V=3.0A / 20.0V=2.25A (最大45W) | PPS出力 : 3.3V-16.0V=3.0A / 3.3V-21.0V=2.25A (最大45W)
あわせて読みたい
Anker Nano II 45W
Anker Nano II 45W

NanoⅡには3タイプある

NanoⅡには、30W、45W、65Wの3タイプがあります。

30Wだとスマホの急速充電には充分なパワーを備えていますが、パソコンやタブレットには物足りない。

65WではMacBookProには最適だが、それ以外にはオーバースペックになる。

45Wなら、MacBookProでもない限り対応。

私のMacBook AirやVAIO SX12は45W対応なので、急速充電に充分なパワーで応えてくれます。

NanoⅡのサイズ感

パッケージはこちら。
小さいパッケージに、さらに小さいNanoⅡ
見ての通り、小さい。
ipadの充電器(10W)と比較。
実際にコンセントに差すと、こんな感じ。

NanoⅡで荷物を減らそう

私が使っているモバイル製品では、USB-C、USB-A、Lightningの3タイプありますが、日帰りではUSB-A製品を充電することはありません(Fitbit(ウェアラブルウォッチ)しか使ってません)。

それに、外でパソコンを丸1日使う場合、充電器がないと充電切れの不安があるので、私の場合は日帰りではAnker NanoⅡ 45Wを1つ(とモバイルバッテリーを)持って行きます。

それとともに持って行くUSBコードは、USB-CーUSB-Cと、USB-CーLightningをそれぞれ1本。

これで、パソコン、iPhone、iPad Air、ワイヤレスイヤホンのバッテリー切れに対応します。

Anker NanoⅡ 45Wは、USB-C1口のみですが、急速充電対応なので、1つの製品のフル充電を待つ時間も少なく済みます。

ABOUT ME
EGUYAN
EGUYAN
スポンサーリンク
記事URLをコピーしました