ガジェット

軽量なのに大容量。「Transfer 2-Way Tote」はデイユースのマストアイテム!

eguyan
最近、Incaseの「Transfer 2-Way Tote」を購入しました。
今、外出時はほぼこれを使っています。
仕事だけでなく、サウナや外出先からジムに行くときも、欠かせません。大変よい買い物をしました。
スポンサーリンク

Incaseとは

Incaseとは、1997年にサンフランシスコで創業した、Apple公認のバッグを中心に扱うブランドです。
そのため、ほとんどのアイテムで、Macbookを安全に収納することができます。
黒を基調としたバッグが多いので、公私ともに使えるものが非常に多いです。
あわせて読みたい
Incase公式通販
Incase公式通販

Transfer 2-Way Toteの魅力

「Transfer 2-Way Tote」は、リュックとトートの2Wayで使える仕様に。Macbook Pro 16インチを収納でき、さらにタブレット専用のポケットもあります。

あわせて読みたい
Incase  Transfer 2-Way Tote
Incase Transfer 2-Way Tote

また、両サイドにはドリンクや折りたたみ傘を入れることができるポケットがあり、前後のポケットも充実しています。

「Transfer 2-Way Tote」は縦42cm、横30cmと、デイユースにはちょうどいい大きさ。仕事ではもちろん、公共交通機関に乗っても邪魔にならないような大きさですし、サウナやジムのロッカーにスムーズに入れることができます。
また、その見た目以上に大容量なので、私にとっては仕事道具とジム、サウナに行く用品を一緒に入れていくことができます。

Transfer 2-Way Toteを選んだ理由

実は、一度「Transfer 2-Way Tote」はSOLD OUTしていた時期がありましたが、11月20日頃再販売されました
ブランド志向がほとんどない私ですが、バッグだけは大好きで、けっこうな数を揃えていたのですが、場所も喰う上に、コロナ禍で外出が激減したことによって使わなくなったため、メルカリやハードオフで売ったりして整理しました。
ここしばらくは、やや大きめのIncaseの「VIA Backpack Lite With Flight Nylon」を使っていました。
その大きさから、出張や旅行用のバッグで、それだけでなく、私はデイユースとしてもなので、パソコンを持って外出する時には、ほぼこのバッグで出かけていました。

とはいえ、小物が取りづらい(特に服のポケットが少ない夏服を着ているときなど)といった不便さが気になるように。「VIA Backpack Lite With Flight Nylon」に加え、小物用に小さなショルダーバッグを持つ事態になりました。
そこで、背負うことができて、小物が取りやすく、近場で気軽に持って出れる、パソコン収納がある、主にデイユースで使えるバッグを探していたところ、Incaseの「Transfer 2-Way Tote」を見つけました。

販売店に行って実物を触ったり、いろいろ検討(15,000円するものなので・・・)してきました。
しかし、そうこうしていくうちに公式通販、販売店ともにSOLD OUTしてしまいました。
ただ、やはり「VIA Backpack Lite With Flight Nylon」はデイユースで使うには大きい。
コワーキングに行くにも、サウナで1日過ごすにも、このバッグは大きい。
日に日に、「Transfer 2-Way Tote」の必要性を感じるようになり、再販と同時に購入したわけです。

Transfer 2-Way Toteはデイユースおすすめアイテム

必要なものが必要なときにすぐに取り出せて、約730gと、とにかく軽いのがうれしい。
私が必要としていた、ほぼすべての要望をかなえてくれたバッグ。
私史上最強のバッグと言える、このTransfer 2-Way Tote。毎日の相棒として、これからどんどん活躍してくれることでしょう。

Incase Transfer 2-Way Tote トートバッグ Incase
ABOUT ME
EGUYAN
EGUYAN
スポンサーリンク
記事URLをコピーしました